園芸を楽しむすべての人に
カテゴリー

ゴムノキ類 フィカス属の魅力

フィカス・エラスティカ“ジン”

 

 

今回からゴムノキについて語ってまいります。

ゴムノキといっても、実際にゴムを採取していたのはかなり昔の話。

名前だけが名残として残っていて、いまゴムノキと言えば、観葉植物の方が有名です。

(ちなみに、今現在はパラゴムノキという木が原料とされています。)

 

ゴムノキと一般的に言われているのは、タイトル下の画像のフィカス・エラスティカ系が一般的だと思います。

いわゆる“インドゴムノキ”とか“デコラゴムノキ”と呼ばれているものです。

ところがどっこい、これ以外の『ゴムノキ』の方が今では一般的になりつつあります。

 

モデルルームやTVCM、インテリア雑誌などで見た事があると思いますが、

“ウンベラータ” “アルテシマ” “ベンジャミン” “ガジュマル” “ベンガレンシス” など品種をあげればキリがないほどに

ゴムノキは観葉植物として流通しているのです。

 

ただ、ゴムノキ表記では販売されていませんよね!?

我々のお店でも“ゴムノキ・ウンベラータ”なんて表記はしませんから。

これらゴムノキ類はすべて“フィカス”という属に入ります。

クワ科フィカス属。

なんで、お店での表記は全て “フィカス・ウンベラータ” ですとかになります。

ちなみに、フィカス=イチジクなので、イチジクもゴムノキの仲間という事になりますね。

 

 

 

 

 

花はイチジク(無花果)なので、こんな花ですよ~

上 ガジュマルの花

下 ベンガレンシスの花

 

 

このイチジクつながりでゴムノキに関する恐ろしい話。

ゴムノキは別名『絞め殺しの木』なんて呼ばれています!

Wikipedia“絞め殺しの木”より参照

 

それは、画像の様に他の植物などに根を巻きつけて枯らす事もあるから。

なぜ、こんな事が起こるかというと・・・

まず、イチジクのように実を付ける

鳥がその実を食べる

他の木の枝などにフンをする

フンの中の種が発芽!そのまま枝の上に根を張って生長する

根は枝を伝い地面に降りるまで伸びていく

地面に根がたどりつくと急成長!どんどん根を宿木に巻きつけ始める

絞め殺し完了!

恐ろしい木ですね・・・。

 

 

みんな大好きな“ガジュマルの木”も絞め殺しの木なんですよ・・・!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、フィカスの特性としては、幹が癒着しやすいという事もあります。

画像は“フィカス・ランフィー”ですが、支柱が飲み込まれてしまっています!

さすがは絞め殺しといったところでしょうか!?

トリビアはこれくらいで・・・。

 

 

なにしろ、フィカス属は非常に人気があり、種類ごとに管理や耐寒性が変わってくるので、

今回のフィカス編は一品種ごとに紹介させていただきますよ。

 

ちなみに、昨日からお店でフィカス特集がスタートしてますよ!

テーマは『ゴムノキと暮らそう』。

大小さまざまなゴムノキを集めました!

お気に入りの子を連れて可愛がってくださいね。

 

 

 

 

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

観葉植物 ブログランキングへ
にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

One Response to “ゴムノキ類 フィカス属の魅力”

  • Cali:

    ウチで育てているのは “ ウンベラータ”“ロブスターゴム”“カシワバゴム”“フィカスジン”“アルティシマ”です。

    今日 “アフリカンプリンス”をGetしました!

    Wildさに一目惚れ <3

コメント