園芸を楽しむすべての人に
カテゴリー

フィカス ベンガレンシス

フィカス・ベンガレンシスの大木

 

 

フィカスシリーズ第5弾はオシャレ観葉として定評のある“フィカスベンガレンシス”!

 

 

名称 フィカス・ベンガレンシス

 

和名 ベンガル菩提樹(ベンガルボダイジュ)

 

学名 Ficus benghalensis

 

科名・属名 クワ科 フィカス属 非耐寒性常緑高木

 

原産地 インド・東南アジアなど

 

耐寒温度  最低 8℃

 

生育適温 20℃~30℃

 

管理上の注意 ゴムノキの中では成長が遅く、室内管理では大きくなりづらい。

インド原産ではあるが、あまり耐寒性が強くないので冬季はなるべく

10℃以下になるような場所には置かないように気を付ける。

耐陰性は普通ではあるが、葉が大きいために落葉すると非常にみすぼらしくなる為、

あらかじめ明るい場所へ置く方が良い。

明るい所から暗い場所へ移動する場合、一気に移動するのではなく、徐々に馴らしてから

時間をかけて移動すると落葉しづらくなる。(1週間程度は場所を移動しないようにする。)

 

 ※移動する場合・・窓際の明るい場所→部屋中央の明るい場所→部屋奥の隅
   (一つの場所に最低1週間は置き続けてから移動すること)
   移動した後、葉が黄色くなってしまったら、すぐに元の場所へ移動する。
   暗い場所へ置いた場合、水遣りの回数を控えると落葉しづらくなる。
   (水遣りは乾いてからタップリと!)

 

風通しが悪く、空気の高温・乾燥が続くと、他のゴムノキと同じように

ハダニ・カイガラムシが発生する。

特にハダニが葉裏に付きやすいので、月に1度は木全体を

勢いのある水流で洗浄すると予防しやすい。

 

 

 

 

ベンガレンシスも立派なゴムノキの仲間で、ウンベラータやアルテシマと並んで

ゴムノキ御三家と言ってもいいほどに人気のある観葉植物の一つです。

白い幹、卵形の葉、白い葉脈など落ち着いたルックスが部屋に馴染みやすいのでしょう。

葉の表には細かい毛が生えているのも特徴。

原産地のインドにあるガンジス河の河口付近にあるベンガル地方にちなんで

ベンガル菩提樹(ボダイジュ)と呼ばれています。

こいつもまた絞め殺し植物ですから、たくさんの気根を出してどんどんと大きくなっていく様は

まるで森みたい!!一人民族大移動、人間山脈みたいなほどに大きくなりますよ。

熱帯地方で路地植えになっているものは、なんと高さが30m!にもなるという大きさ・・・!!

 

 

 

 

ハワイで見かけた“ベンガレンシス”。

とても大きいのです・・!

 

 

 

 

 

 

葉っぱが大きいと言っても、この大きさだと普通に見えますね。

向こうでは“バニヤンツリー(Banyan Tree)”といって親しまれてましたよ。

ものすごく生命力が旺盛な木なので、長寿や豊穣の象徴とされているそうです。

とにかくデカイ!遠くから見て森かと思ったら一本の木だったって感じです。

 

 

 

 

下から見上げても大迫力!

ビローンと伸びているのは気根ですよ。

 

 

 

 

 

でっかい物を見た後で、市場流通している物を見ると・・・

 

 

 

大体一般的に流通しているベンガレンシス。

とても同じ木とは思えない・・!?

 

 

 

 

 

 

こんな感じで実も付きます。

 

 

 

 

 

これは花。

イチジク(無花果)の仲間ですから。

 

 

 

 

 

ベンガレンシスにもいくつか品種がありますので、そちらを少しご紹介します。

 

 

 

 

フィカス・ベンガレンシス “ペコ”
Ficus benghalensis  “Peco”

 

普通のベンガレンシスとは一味ちがう品種。

よく見ると葉がウェーブがかっているのが特徴です。

かなりレアな品種なので市場流通はとっても少ないです。

お店にも過去数本しか入って来たことが無いですね~。

 

 

 

 

 

 

フィカス・ベンガレンシス “クリシュナ”
Ficus benghalensis “Krishnae”

 

葉が矢じりのように変容するベンガレンシスの変種。

ボコッと葉の付け根が丸まっているのが特徴で、

別名“カップフィカス”とも言われています。

和名はまんま“クリシュナボダイジュ”。

クリシュナとはインドの神様の名前です。

 

 

 

 

 

 

 

葉のアップ。

付け根にさらに小さい葉が二つ付いています。

かなーりレアな品種です。

これもお店には数回しか入荷したこと無いですね。

 

 

 

 

 

他には、小葉で枝ぶりが良い“オードリー”という品種や大葉の“リオ”という品種があるのですが、

画像が無いので割愛します!

フィカスは種類が多いので、今月中に終わるかな・・・!?

次回もフィカス、ご期待ください。

 

 

 

 

 

 

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

観葉植物 ブログランキングへ
にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

13 Responses to “フィカス ベンガレンシス”

  • okko:

    はじめまして
    私の家にこの子がやってきたのは去年の春です。
    白い茎に綺麗なグリーンの葉っぱに真っ赤な可愛い実に衝撃でした。
    こんなかわいい観葉植物があるなんて・・・
    分からないことだらけなので教えてくださいますか?
    3本立で鉢も陶器なので、結構重くて水やりが大変です。鉢底に溜まった水をそのままにしてたらダメなんですよね
    大事にしてたつもりが1本からしちゃいました(´;Д;`)茎がブヨブヨになってしまってポロっと抜けた感じです。
    葉っぱが茶色にかれかけになってきたので、おひさまが足りないかと思い、ベランダに今は出したままです。
    水やりも土の表面が乾いたらたっぷりやるって書いてあったので、(土の表面が乾くってゆう判断が難しいのですが、
    なんか土の種類が結構しっとりしてる感じで分かりにくいのです。)で水は1・2ℓぐらいやってます。
    でも今ぐらいの夏日が続くのであれば土が乾く事、関係なく一日一回ぐらいたっぷりお水あげたほうがいいのでしょうか?
    根元からではなくて葉っぱの上から水やりしたほうがいいのですか?
    それと、新芽かと思ってたのですが、ブログを見せてもらった中に「これは花」って書いてありましたよね。新芽ではなく
    花なんですか。まったくうちのと同じでした。途中で成長がとまったのかと・・・(;_;)
    それと夏のあいだは外に出しっぱなしでいいのかってことと(葉焼けしないか心配です)、部屋に入れるのは何月ぐらいからか?と質問攻めですいません(–;)
    時間がある時でいいので、色んなこと教えてください。よろしくお願いします。

    • kanyofun:

      はじめまして!コメントありがとうございます。

      お手持ちのベンガレンシスはどうやら根腐れで一本が枯れてしまったのではないかと推測されます。
      まず、枯れてしまった一本は取り除いてください。
      植わっている鉢が陶器である、との事ですが陶器鉢は水抜けの穴が小さい場合が多いので
      鉢の土が過湿になりがちです。
      また、土も水はけが悪く乾き具合があまりわからないようでしたら植え替えをおすすめします。
      植え替えをされないのであれば、土を触ってみてもサラサラなぐらい乾いてから水を与えてください。
      置き場所ですが、今からであれば戸外の日の当たる場所の方が良いですが、急な直射光線では
      葉焼けを起こすことがあるので、午前中くらい日が射すくらいの場所か、木の陰になるような場所がいいです。
      葉が茶色くかれかけているのは、おそらく日照不足や根腐れなどの症状で痛みが出てるのだと思われます。
      そして、最もやってはいけないことは、乾いていない状態での水やりです。
      これを続けると100%根腐れしますので、絶対にやらないでください。
      土の表面が乾くのは場所や季節によっても乾く時間が違うので一概には言えないのですが、
      少なくとも1週間から10日以上は間をあけていただくと良いと思います。
      お水は土が乾いているのであれば、葉にかけてあげても結構です。

      また、ご指摘いただいている新芽か花かとのお問い合わせですが、ちょっと選んだ写真が分かりづらかったかもしれません。
      さきっぽのとんがっている部分は新芽で、その脇の丸い緑のコブが花になります。

      夏から秋(11月上旬くらいまで)であれば戸外で管理していただいた方が調子がいいですよ。
      だらだらと長くなってしましましたがこのへんで。
      ご不明な点はまたお問い合わせください。

      • okko:

         早々の、お返事ありがとうございます。すごくうれしかったです。
        枯れたと思われる1本は既に取り除いてます。
        植え替えですが季節関係なくやってもいいのでしょうか?
        5月とか11月ぐらいがいいと聞いた覚えがあるんですけど?
        土は観葉植物の市販の土を使用すれば大丈夫ですか?(できれば植え替えの時の注意点等、教えてもらえればうれしいです。)
        陶器の鉢は確かに水ヌケの穴は小さめのような気がします。でも白い鉢がホントはお気に入りなんですよ・・・(;_;)
        じゃあ、プラスチックの鉢に植え替えて陶器の鉢カバーに入れたほうがいいですね。
        水やりは季節関係なく土の乾きをチェックしながら与えるようにします。
        土はしっとりしてるのに葉っぱの元気がないような時に霧吹きでシュシュしてあげればいいですか? 
        やっぱり、あの緑は新芽だったのですね。成長が止まったままでこのまま枯れちゃうんですかね。新芽の部分だけ!
        丸いコブは緑から赤くなってきてますo(^▽^)o(実は赤くなった実がかわいすぎて購入しました。)
        また、今日もいっぱい質問してすみませんm(__)m
        お暇な時でいいので、お返事くださいね。
        本当にありがとうございました。

        • kanyofun:

          okkoさま
          コメントありがとうございます。

          植え替え時期ですが、最低気温が18℃以上であれば植え替えを行っても大丈夫です。
          5月~10月の暖かい時期が適期ですね。
          土はなるべく水はけのいいものが好ましいので、観葉植物用の培養土を単用で使用してもいいのですが、
          その培養土に赤玉土を分量の半分くらい混ぜてあげると水はけのいい土になります。
          植え替えの注意点は、根がしっかり張っている場合は1/3以上根鉢を崩さないようにします。
          根が張っていない場合は根を切らないように慎重に作業を行ってください。

          葉っぱですが、葉水は与えていただいてもいいのですが、風通しの悪い環境や梅雨の時期は
          葉を痛める原因になる場合があります。特に、ベンガレンシスは葉の表面に細かい毛が生えています。
          それは、空気の乾燥に耐えるためのものでもあるので、葉水は空中湿度が足りない時期に行うとよいです。
          そんな時期は、葉裏にはハダニが付きやすいので、葉の裏を中心に霧吹きか水かけを行うと効果的ですよ。

          新芽の件ですが、ベンガレンシスは他のフィカス属よりも若干成長が遅いです。
          特に、温度が低い内はぜんぜん新芽が動かないこともあるので、これから成長が始まると
          一気に芽吹いてくると思いますよ。

          ご心配な気持ちはわかりますが、過剰にかまいすぎるとかえって植物を弱らせることがあるので
          良い環境に置いて、そっと見守るようにしてみてください。
          きっと、気持ちに応えてくれると思いますよ。

          • okko:

             中山さん お返事ありがとうございましたm(__)m
            すごく勉強になりました。
            そうですね(^O^)あまり神経質にならないように育てようと思います。
             余談ですが、家には10年以上のハートカズラと♡7年ぐらいになるパキラと♡
            今年のホワイトデーに息子から初めてお返しでもらった多肉植物の寄せ植えが
            あります。みんな大切に育ててますよ(*゚▽゚*)
            また、困ったことが起きたときメールしますから教えてくださいねo(^o^)o
             本当にありがとうございました。

  • okko:

     早々の、お返事ありがとうございます。すごくうれしかったです。
    枯れたと思われる1本は既に取り除いてます。
    植え替えですが季節関係なくやってもいいのでしょうか?
    5月とか11月ぐらいがいいと聞いた覚えがあるんですけど?
    土は観葉植物の市販の土を使用すれば大丈夫ですか?(できれば植え替えの時の注意点等、教えてもらえればうれしいです。)
    陶器の鉢は確かに水ヌケの穴は小さめのような気がします。でも白い鉢がホントはお気に入りなんですよ・・・(;_;)
    じゃあ、プラスチックの鉢に植え替えて陶器の鉢カバーに入れたほうがいいですね。
    水やりは季節関係なく土の乾きをチェックしながら与えるようにします。
    土はしっとりしてるのに葉っぱの元気がないような時に霧吹きでシュシュしてあげればいいですか? 
    やっぱり、あの緑は新芽だったのですね。成長が止まったままでこのまま枯れちゃうんですかね。新芽の部分だけ!
    丸いコブは緑から赤くなってきてますo(^▽^)o(実は赤くなった実がかわいすぎて購入しました。)
    また、今日もいっぱい質問してすみませんm(__)m
    お暇な時でいいので、お返事くださいね。
    本当にありがとうございました。

  • yorinana:

    先日友人からフィカス・ベンガレンシスをいただきました。
    はじめた見た観葉植物でとても上品でした。
    ただ、葉の裏側や枝を興味深く見ていたら、虫の抜け殻なのか卵なのか良くは分からなかったのですがポツポツとくっついていました。色は黒に近いです。
    とりあえずは見えている範囲でティッシュでそっと取り除きましたが、実際土の中もどうなっているか不明で、今後の管理としてこのような虫の対策をどうすればいいのかおススメの商品名含め教えていただけませんでしょうか。
    また土が丸見えで化粧石などを置いてみようか悩んでいますがそれについても教えていただけると助かります。

    • kanyofun:

      yorinanaさま
      コメントありがとうございます。

      ご相談の件ですが、葉についているポツポツはカタカイガラムシではないかと思われます。
      硬いロウ状の殻に覆われており、植物の汁を吸ってしまう害虫です。
      専門の農薬でないと駆除が難しいので、歯ブラシや手の爪などでこそげ落として駆除します。
      土の中にはカタカイガラムシはいないので、目に見える範囲で結構なのですべて取り除いてください。
      完全に駆除すればでなくなると思うのですが、ベンガレンシスですと葉の付け根ですとか、目に見えるところではない死角に
      入り込んでいることが多々ありますので、すべて取り除いたといっても取り切れていない場合はまた出てきます。
      もし、農薬を使われるのであれば、アクテリック乳剤+ダイン展着剤を混ぜて使用し、
      上からビニール袋をかぶせて密閉した状態で一晩おけばカイガラムシは死滅します。

      化粧石につきましては、お好みの問題ですのでお部屋にあったお色の物を選んでいただければよろしいと思います。
      簡単に化粧石の効能について述べますと
      ○見た目ガキレイ
      ○土が乾きにくくなる
      ○厚めに敷くとコバエなどの害虫対策になる

      しかし、デメリットもあります。
      ○土が見えないので、水遣りのタイミングがわからない
      ○土が乾かないので、常に過湿になってしまう

      以上を踏まえて選択してみてください。
      長文になりましたが、また質問などございましたらお気軽にお書き込みください。

  • reitantan:

    中山様
    はじめまして。
    ベンガレンシスの根腐れについて色々お聞きしたくメールさせて頂きました。
    マンションの室内で育ててちょうど3年経ちました。

    急に葉っぱの茎の所で折れ曲り下側に垂れてきてしまいました。
    もしかしたら根腐れをしているかもしれないと思いました。
    受け皿を確認すると水が溜まっていました…(3日間家を留守にしていましたので、ずっと溜まったままでした)
    すぐに捨てましたが一向に元気にならない様です。(4日経ちましたが、土は湿っています)

    木の一番下側の枝についている葉は以前と変わらず元気です。
    特に上側が元気なく下側に垂れています。
    葉っぱは緑色で、2枚だけ葉先が少し茶色くなったものもあります。

    葉の付き根(茶色っぽくなっている)がポキッと折れ曲っている葉は取って良いのでしょうか?(復活はしませんか?)

    この状態は根腐れなのでしょうか?根腐れしているかを見分けるには、鉢から出して確認しなければわからないでしょうか?
    youyubuを拝見しまして切断方法などありましたが、初めての事でちょっとできるか不安です。
    また上側にもまだ大丈夫そうなところもあり何とか他の方法はないかなあと思い、メールさせて頂きました。

    写真をお見せしたと思いましたが、添付出来ない様でしたので長文で色々と質問しましてすみませんがアドバイスを宜しくお願い致します。

    • kanyofun:

      reitantanさま

      コメントありがとうございます。
      内容から推察するに、根腐れの可能性が高いかと思います。
      上の方の葉がしなだれてきているという事ですが、幹の方はどうなっていますでしょうか?
      もし、しわがよってきていたり、乾燥して折るとポキッと音をたてて折れてしまうようであれば
      その枝は死んでしまっていますので、切り取ってしまっても構いません。
      下側の葉はまだ元気であるという事なので、根腐れを起こし、水を吸えないために
      てっぺんの方に水が回らずしなだれてきてしまったと考えられます。
      今は冬なので回復の見込みが全くありません。
      正直今出来ることは、ただちに水遣りを停止し、暖かく明るい場所へ移してあげることです。
      春以降、生き残った枝からまた葉が出てきますので、冬の間は暖かい場所で
      見守ってあげてください。
      不明な点があればまたコメント欄へお願いします。

  • reitantan:

    お返事ありがとうございます。
    早速、部屋の窓際に置いてあったのを内側に入れました。
    上側の幹は一部、乾燥してきて、葉っぱが茶色く乾燥してきて、枯れてきてるようです。
    この部分の幹はカットしました。
    だいぶ、小さくかわいそうな状態になってしまいましたが春まで焦らず見守りたいと思います。
    当分、お水はあげなくて良いのでしょうか?度々すみませんが、宜しくお願いします。

    • kanyofun:

      reitantanさま

      お水は土が乾くまで絶対にあげないでください。
      今、根っこが瀕死の状態になっており、水をあげると根にトドメをさしてしまうことになります。
      土が乾いていくというのは、新たに根が伸びて再び水を吸い始めている証拠になりますので
      乾くまでは決してあげないようにしてください。
      土の表面が完全に乾いて3日ほどしたら鉢底から流れるまでタップリと与え、受け皿に水を
      貯めないようにしてください。
      そして、4月中旬以降は戸外の日当たりの良い場所で直射日光にあてて育てて下さい。
      すぐに光合成をする為に、新芽が伸びてくると思います。
      生きてさえいれば、フィカスは簡単に再生ができますので
      なんとか冬を越してみて下さい。

  • reitantan:

    お返事ありがとうございます。
    何とか頑張って冬を越してくれるよう見守って行きたいとおもいます。

コメント