園芸を楽しむすべての人に
カテゴリー

仕入れ日記 IN 千葉 ~エクゾティックプランツ ⑤

植物・奇想天外!!

 

 

今回でエクゾティックプランツさんレポート最終回!!

珍奇な植物をいろいろ観察して参りましたッ!!

 

 

 

まずは、冒頭の画像の植物・・・。

 

初っ端からトバしますが、これわかります?

奇想天外という和名を持つ植物で、ナミブ砂漠原産の1科1属1種という他に類を見ない孤独なほどにレアな植物!

正式名称はウェルウィッチア・ミラビリスという長ったらしい名前です。

何がそんなにスゲェのかっていうと、なんとこの奇想天外くんは生涯でたったの2枚しか葉を出さないんですよ!

つまり、種から生えた双葉のままずっと伸び続けていくんです。

こんな大きい株を生で見たのは初めてだったもので興奮してしまいましたね。反省。

ちなみに、日本での栽培は非常に難しく、砂漠地帯に生えているくせに根の先に水を与えていないと枯れるという

気難しさ・・いや木難しさか?

葉っぱは付け根が伸びるので葉先が傷んでもOKですが、もし取れたり傷ついたりしたらもう終わりですからね~。

そんな奇想天外くんは長寿の草としての面もあり、最長寿はなんと1500歳!だそうです。

いやいや流石はエクゾティックプランツさんです。こんなレア植物にお目にかかれるとは!!

 

 

 

 

 

 

奇想天外を見たからにはもうちょっとやそっとじゃ驚きません!

と思ったのも束の間・・・。

な、なんだと・・・!?

 

 

 

 

 

 

 

 

こいつはスゲェ~ッ!!

レアモノのにおいがプンプンするぜぇ~!!

コイツはキフォステンマ!なんとブドウの仲間のコーデックス(塊根植物)だ!

ちょっと品種の細かい所まではボクには区別が付きませんでしたが(葡萄盃(ブドウハイ)?か葡萄亀(ブドウガメ)?)。

ただ、こんな巨大なモノはそうそう存在しないという事は間違いないですね。

だってこれ、鉢の大きさ推定13号以上ですよ!デカイッ!!

そして何気に後ろには巨大なアロエが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

これもデカイ!!

 

 

 

 

 

 

 

ディコトマは南アフリカ原産のアロエ。

とても大きくなるので、世界最大のアロエと言われています。

もうこれはアロエというより木、ですね。完全に樹木です!

 

 

 

 

 

 

これまた珍奇なモノを発見!

ガガイモ科の多肉植物、フェルニア・ゼブリナ “縞馬”。

星型の毒々しい花を咲かせるニクイ多肉。

エグイっすね・・・。

 

 

 

 

 

 

 

そしてコレ!尾崎さんオススメ!!

ストロビランテス・ゴッシピヌス“ゴールドダウニー”。

なんとも美しい葉を持つ低木になる植物。

 

 

 

 

 

 

 

温室の真ん中に陣取って自生していた“センカクガジュマル”。

あ、ガジュマルだ!と思わず言ってしまったら「これはガジュマルじゃないよ」と尾崎さん。

なんと、ガジュマルではなかったのか!

フィカスは間違いないようですが、正式にはガジュマルとは別種なようです。

呼び名がややこしいので、取り合えず流通名のセンカクガジュマルと呼ぶことにしますが。

奥が深いにゃ~・・・。

 

 

 

 

温室の片隅で食虫植物発見!

 

 

 

 

 

 

 

 

多分、ネペンテス・ベントリコーサだと思われ・・(自信なし)

もうここが温室というか、もうジャングルにいるようです・・・・!

 

 

 

 

 

 

花も咲いてました。

 

 

 

 

 

 

 

なんというか、植物が非常に伸び伸びと生産されていて非常に楽しく拝見できましたよ!

まだまだたくさんの植物があったのですが、名前忘れちゃったり写真とってなかったり、ピントあってなかったりなので

今回はこの辺で。

 

 

 

 

南房総の最南端にある熱帯ジャングルは最高に面白かったです!!

 

 

 

 

 

 

 

また今度エクちゃんに会いにいきます!!

 

 

 

 

 

エクゾティックプランツ


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

観葉植物 ブログランキングへ
にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

コメント