園芸を楽しむすべての人に
カテゴリー

チランジア・イオナンタ

DSC_5850

チランジア・イオナンタ

 

 

今回からちょこっとチランジア系をご紹介していこうと思います。

基本、定番の品種を取り扱っていくつもりです。

正直、ボクより詳しい方がたくさんいらっしゃいますからね。

 

 

 

 

 

 

名称 チランジア・イオナンタ

 

和名 イオナンタ

 

学名 Tillandsia ionantha

 

科名・属名 パイナップル科チランジア属 非耐寒性常緑多年草 

 

原産地 中南米、熱帯アメリカ  

 

耐寒温度 最低8℃   

 

生育適温 18℃~25℃  

 

管理上の注意 一般的にエアプランツと呼ばれる植物の中で最もなじみのある代表品種。

初心者でも扱いやすく、強健、かつさまざまなヴァリエーションが存在し

コレクターの中でも非常に人気がある。

エアプランツというと、水をやならくてもよいと勘違いされている方も多いが

着生植物であるので根は体を支えるほどしか発達しておらず

極端な乾燥にさらすと回復せず枯死する場合が多い。

その為、通常の鉢植えの植物よりも水管理はデリケートと言える。

水は、霧吹きなどで葉全体を蒸らす『ミスティング』や

株全体を水に浸す『ソーキング』を適正な頻度行うとよい。

水遣りの後、湿ったまま直射日光にあてるなど極度に蒸れる環境に置くと

蒸れて腐ってしまうことがあるので注意。

また、エアプランツの名の通り非常に風通しを好むので

風がたまるような場所での管理は禁物。

成長期は屋外の木の陰などに吊るすなど

涼しく風通しの良い場所で管理をすると成長著しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_1611

イオナンタ・クランプ

 

チランジアを含め、パイナップル科の植物というのは、花が終わると子株を出し、

いわゆる『クランプ』と呼ばれる群生株となります。

このような立派な株に育つには結構な年数が必要ですが、迫力は満点!!

ちなみに、花後の親株は子株を出すと枯れていってしまいます。

しかし、子株が花を咲かせ、また子株を出し・・と繰り返し、大きなクランプへと育っていくわけです!!

立派なクランプを自分で作り出すというのは、相当な年月を要するもの・・。

こんな小さな植物ですが、盆栽のように時間をかけ、ゆっくりと栽培していただくのもまた面白いですよ!?

 

 

 

 

 

 

DSC_5826

イオナンタ “ルブラ”の花(しおれてますが・・・)

イオナンタは花が咲く兆候として株全体が色づきます!

品種によって赤であったりオレンジであったりと様々な様相を楽しませてくれます!!

 

 

 

 

 

 

 

DSC_5831

イオナンタ “ロン”イオナンタ・ヴァリアガータ(斑入り)

 

 

 

 

 

 

 

DSC_5833

イオナンタ・ヴァンハイニンギィ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_5847

イオナンタ・ファットボーイ

 

 

 

イオナンタにはいろいろな品種・変種が存在しています。

コレクターの方が多いチランジアですが、イオナンタは花も美しく

品種によって形状も様々ですので、いろいろと集めてみたくなっちゃいますよね!!

これからエアプランツを始めようという方、以前から興味があったけど難しそうという方、

全然興味が無かった方、ぜひ最初の一株はイオナンタを試してみてはいかがでしょう!?

 

 

 

 

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

観葉植物 ブログランキングへ
にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

コメント