園芸を楽しむすべての人に
カテゴリー

サンスベリア マニアック・コレクション ③

サンスベリア・ピングイキュラ

今回で3回目のマニアック・コレクション。

引き続き珍しい品種を紹介していきますよ。

 

サンスベリア・フランシシー
Sansevieria francisii

棒状葉サンスベリアの中では小型の品種。
生育は旺盛で、花が咲いたり成長が止まると
次々と子株を出して繁殖します。
葉先は鋭くとがってますので取り扱い注意です。

 

 

サンスベリア・ピングイキュラ
Sansevieria pinguicula

いわゆる青肌、というサンスベリア。
葉が短くつまって展開するので、
一見するとアガベのように見えます。
成長は遅く、画像のように子株がつくようになるのは
非常に年数がかかります。
流通は若干増えてきましたがまだまだ高級品。
寒さに弱い所があるので、冬場の管理は慎重に!

 

 

サンスベリア・ステレット
Sansevieria  stelette

中~大型になる棒状葉サンスベリア。
細長い葉が噴水のように展開していく様が
非常に美しいサンスベリアです。
子株が出やすいので、
ボリュームのある株になりますよ。

 

 

サンスベリア・エリスラエー
Sansevieria  erythraeae

中型の棒状葉サンスベリア。
葉は濃い緑色で、サンスベリア特有の
シマ模様が入りません。
葉も垂れにくく、形が崩れにくいのが魅力です。
春先の水の与えすぎたり、強光線にあてすぎると
葉に染みが出来てしまうので注意です。

 

 

サンスベリア・カウレスセンス
Sansevieria  caulescens

半棒状葉の中型サンスベリア。
株の中心より噴水のように葉が展開する優雅な品種です。
ただ、葉が横に広がるので
置き場所が限られてくるのがタマニキズ。
個人的にはすごく好きな品種です!

 

 

サンスベリア・サッフルティコーサ
Sansevieria  saffruticosa

中型棒状葉サンスベリア。扇形に葉が展開するタイプと
らせん状に葉が展開するタイプがあります。
葉先は鋭いので注意が必要。
肥沃な培地で栽培すると葉が太く、大型化します。
鉢植え・室内置きだと葉が細り、ヒョロヒョロになりやすいです。
春先は葉焼けに注意!

 

 

いやいや、中々種類が多くてまだまだ終わりそうにないです・・・。

三浦園芸さんからいただいた画像ストックはまだまだありますので

この機会に全放出します!

乞うご期待!

 

 

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

観葉植物 ブログランキングへ
にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

コメント