園芸を楽しむすべての人に
カテゴリー

サンスベリア マニアック・コレクション ④

サンスベリア・マッソニアーナ

 

 

いい加減に4回目。これで最終回の予定でしたが、全然終わらず。

もう少し続く予定です。以下、品種紹介!

サンスベリア・キルキー
Sansevieria kirkii var kirkii

肉厚で幅広の葉を持つサンスベリア。
葉は硬質で成長は遅いです。
花は非常に見応えのある美しい花が咲きます。
(ボクは見た事ありませんが・・・)
色々なバリエーションが作出されてます。
以下、キルキー系紹介。

 

 

 

サンスベリア・キルキー・プルクラ
Sansevieria kirkii var pulchra

“プルクラ”とはラテン語で
“美しい”という意味を持つそうです。
画像を見ての通り、美しいサンスベリアです。
ただ、葉を見て美しいのか、花を見て美しいのか・・・
その辺はボクもわかりませんが、
とにかく“美しい”サンスベリア!

 

 

 

サンスベリア・キルキー・プルクラ “コパトーン”
Sansevieria kirkii var pulchra ”Coppertone”

コレは以前に紹介したので割愛。
サンスベリア応用編にて紹介してます)
銅葉のサンスベリアですよ。

 

 

 

サンスベリア・マッソニアーナ
Sansevieria  masoniana

葉が非常に幅広で大きくなる大型サンスベリア。
一株に葉が1~3枚程度しかつきません。
成長は非常に遅いです。
強めの光線をあてて水を切らし気味にして管理すると
粉をふいたような葉姿になってきます。
個人的に非常に豪快で好きな品種です。

 

 

 

サンスベリア・パテンス
Sansevieria  patens

独特の形をした棒状葉中型サンスベリア。
葉に入る縦筋の溝が特徴です。
ある程度大きくなると非常に存在感が出てきますよ。

 

 

 

サンスベリア・グランディス
Sansevieria  grandis

幅広の大ぶりな葉を持つ中型サンスベリア。
上で紹介したマッソニアナに似た風貌を持ちますが、
こちらの方が小型で葉も一株に多く付きやすいです。

 

 

 

今回もここで終了。

だいたい6品種くらいづつ紹介してますが、まだまだ終わりませんな・・・。

どこまでの人に需要があるかわかりませんが、終わるまで続けていきたいと思います。

ちなみに、品種の管理方法や解説などは

三浦園芸・三浦社長にご協力をいただいた資料を参考にしています。(ほぼ丸移し・・・)

 

 

 

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

観葉植物 ブログランキングへ
にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

コメント