園芸を楽しむすべての人に
カテゴリー

アンスリウム ポリスキスツム

アンスリウム・ポリスキスツム

 

 

今回はアンスリウム・ポリスキスツムです。

 

 

 

名称 アンスリウム ポリスキスツム

 

和名 モミジバウチワ(紅葉団扇)

 

学名 Anthurium polyschistum 

 

科名・属名 サトイモ科アンスリウム属 非耐寒性多年草

 

原産地 南米北部・コロンビア

 

耐寒温度  最低10℃

 

生育適温 18℃~30℃

 

管理上の注意 ポリスキスツムは茎が長く伸びる為に葉姿が非常に乱れやすく

大株になると自立が出来ないので、支柱を立てて観賞する。

管理方法としてはその他のアンスリウムと同様に強光線を嫌うので、

直射日光を避けた明るい場所で管理を行う。

風通しが悪い場所ではハダニ・カイガラムシが発生しやすい為に

週に一度は葉水などで葉の洗浄を行い、害虫の防除を行うと良い。

また、寒さには弱いので、冬季は暖かい場所で乾かし気味に管理をすること。

 

 

 

 

これまた珍しいアンスリウムで、茎が細くヒョロヒョロと上に伸びていきます。

特徴的なのはその葉っぱで、和名の『モミジバウチワ』の名の通り紅葉のような切れ込みが特徴!

管理もそんなに難しくないアンスリウムですが、とにかく名前が覚えづらい・・・。

 

 

めっちゃ切れ込み入ってます!

アンスリウムも色々種類がありますね・・・。

 

 

 

もちろん原種系アンスリウムなので、花はというと・・・。

 

ごらんの通り地味~・・・。

茎からはニョキニョキと気根を出して支柱に絡んでいきますよ!

 

 

 

多分、現在流通しているのは“ツイード”という園芸品種だと思います。

本当の原種との区別の付け方とかはわかりませんが。

この“ポリスキスツム”自体市場流通は少ないですね。

 

 

 

ぐねぐねと支柱に絡んでおります。

 

 

あまりネタがないのでこの辺で。

そろそろアンスリウムの画像もストックが尽きそうですし、あと1回で一旦終了します。

 

アンスの後はウンベラータの予定ですよ。

コレ書いてる時点でお店の『ウンベラータ祭り2012』は終了しちゃいましたが・・・。

まだまだ需要ありますよねッ!?

 

 

 

 

 

 

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

観葉植物 ブログランキングへ
にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

コメント