園芸を楽しむすべての人に
カテゴリー

アンスリウム 【QアンドA】

アンスリウム・オピルス

 

 

今回はアンスリウムのQ&Aです。

 

Q. アンスリウムを購入し、咲いていた花が終わった後に次の花が中々咲いてきません。

 

 

A. もし、葉がたくさん茂っているのに花が咲かないのであれば、日照不足が考えられます。

アンスリウムは比較的暗所に耐えますが、だからと言って暗い所に置くと花芽が上がってきません。

明るい日陰(照明なしでも本が読める明るさ)か戸外の日陰(曇り空くらいの明るさ)を目安に場所を移動します。

また、冬季など寒い場合も花芽は見込めません。

基本的にアンスリウムは株が充実し、環境が整えば花芽が上がってくるので

アンスリウムにとって心地よい環境を用意してあげましょう。

 

 

 

Q. アンスリウムの葉先が茶色く変色してきました!どうして?

 

 

A. 空気中の湿度不足、根づまりによる水不足などが考えられます。

アンスリウムは空気中の湿度を非常に好む植物なので、週に一度は霧吹きなどで

葉水を与えて湿度を保ってあげると良いでしょう。

根づまりの場合は、一回り大きな鉢に植え替えましょう。

 

 

 

Q. アンスリウムの茎が立ち上がってきて見た目が悪くなりました。

小さく仕立て直したいのですが・・・。

 

 

A. 長く育てているとどうしても茎が伸びてきてしまい、見た目が悪くなります。

なので、思いきって茎を切り取り、挿し木をして株を更新すると良いと思います。

挿し木に抵抗のある方は、取り木の方が確実です。

取り木の方法はこちらの動画を参考にしてください

 

 

 

Q. アンスリウムの葉がだんだんと広がって形が悪くなってきました。

どうしたらいいですか?

 

 

A. 暗所に置いている為と思われます。

伸びてしまった株は戻りませんので、あまりに傾いた葉は付け根から切り取りましょう。

明るい場所で管理してあげると、良くしまった美しい株になります。

また、水をやる頻度が多くても葉が間延びする(徒長といいます)原因となりますので、

水遣りは鉢土の表面が充分に乾いてからやります。

 

 

 

暗い場所に置いてあった株はまとまりが悪くなりやすいです。

上のアンスリウムは徒長して花が倒れてきています。

 

 

Q. 外で日光浴させたら葉が白く焼けたようになりました!

 

 

A. 完全に葉焼けです。アンスリウムは直射光線を好みませんので、戸外に出す場合は

必ず日陰になる所に置きます。直射日光は葉焼けの原因となりますので気をつけましょう。

 

 

 

 

 

 

Q. アンスリウムの花ことばは何?

 

 

A. 花言葉は、『情熱』・『煩悩』・『飾らない美しさ』・『無垢な心(白花)』などなど・・・。

あまり花言葉は気にした事無いので、気になる方はご自分で調べてみましょう!!

 

 

 

赤は『情熱』・・!?

白は『無垢な心』・・・。

 

 

 

 

 

 

Q. アンスリウムに種が出来た!まいたらどうなる?

 

 

A. 普通に発芽して苗が出来ますよ。

種まきに適しているのは5月~9月で、果肉をよく水で洗ってからまきます。

水ゴケ主体の用土などに蒔くと発芽しやすいと思います。

ただ、花が咲くまで3~5年ほどかかるらしいですよ。

 

 

 

実を観賞するアンスリウム“スカンデンス” 。

種をとって巻けば苗が取れます!

原種系はその原種の苗が取れますけど、大体今のアンスリウム・アンドレアナムは品種改良されてますから

種を蒔いたら花が先祖がえりする、なんて事もあるかもしれませんね!

 

 

 

 

 

アンドレアナム種の実が結実した様子。

花についたおできみたいな物が実です。

 

 

 

熟してくるとこのようにオレンジがかってきます。

この状態になれば果肉をとって中の種をまきます。

 

 

 

Q. 葉っぱに良く見ると小さな虫がたくさんついている。蜘蛛の巣みたいに糸が付いている!

 

 

A. ハダニの被害にあっています。風通しが悪く、空気が乾燥する状況下ではハダニが発生する事が

ありますので、葉の表裏を勢いのある水流で洗浄し、ハダニを洗い飛ばします。

また、ひどくなると花の部分(苞)まで食害するので、葉水などを欠かさず行い、防除に努めましょう。

食害されると葉が白っぽくすすけてしまうので観賞価値を著しく損ないます。

 

 

 

 

アンスリウムの管理方法の動画もありますので、こちらもどうぞ!

もし他にご質問があればお気軽にコメント欄にお書き込みくださいね。

 

 

 

 

 

 

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

観葉植物 ブログランキングへ
にほんブログ村 花ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

コメント